山野辺太郎のウェブサイト




小説

小説についてのお知らせ。

「こんとんの居場所」が『小説トリッパー』秋号に載りました

投稿日:

 

 小説「こんとんの居場所」が、『小説トリッパー』秋号〔9月18日発売〕に掲載されました。

 「渾沌島取材記者/経験不問要覚悟……」
 求人の三行広告に導かれて、主人公・純一は旅立ちます。
 「こんとん」について探る使命をいだいて、純一のたどり着いた場所とは……。

 『小説トリッパー』2020年秋号の紹介ページ
 https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22233

小説「こんとんの居場所」がゲラになりました

投稿日:

 改稿を続けてきた小説が一本、ゲラ(校正刷り)になりました。ここから掲載に向けて最後の仕上げに取り組みます。
 「こんとんの居場所」という約二百枚の小説で、『小説トリッパー』秋号(朝日新聞出版、9月18日発売)に掲載予定です。
 デビュー以来、三作目の小説となります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

「孤島の飛来人」が『文藝』冬号に載りました

投稿日:

  

 小説「孤島の飛来人」が、『文藝』冬号に掲載されました。
 掲載誌は、2019年10月7日に発売開始です。
 目次に掲載されている紹介文を引用いたします。

 自動車会社で働く「僕」は六つの風船を背中に背負って、ビルの上から旅立った。目指すは父島。だがたどり着いた先は……。昨年度文藝賞受賞作「いつか深い穴に落ちるまで」に続く、受賞第一作。

 『文藝』2019年冬季号の紹介ページ
 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979854/

『いつか深い穴に落ちるまで』単行本ができました

投稿日:

 『いつか深い穴に落ちるまで』の単行本ができあがり、見本を受け取りました。
 表紙の挿画はサヌキナオヤさん、装丁は川名潤さん。
 11月16日ごろ発売、定価1,300円(税別)です。
 どうぞよろしくお願いします。

『文藝』冬号、本日発売

投稿日:

 

 『文藝』2018年冬号(河出書房新社)、本日発売です。
 文藝賞受賞作「いつか深い穴に落ちるまで」が掲載されています。

 「受賞の言葉」および、選考委員の磯﨑憲一郎さんとの対談「百年前の作家から励まされる仕事」も掲載。

小説「いつか深い穴に落ちるまで」が文藝賞を受賞

投稿日:

 小説「いつか深い穴に落ちるまで」が第55回文藝賞を受賞しました(8月23日の選考会にて決まりました)。
 10月6日発売の雑誌『文藝』2018年冬号(河出書房新社)に掲載されます。

 これまでお世話になった皆様、どうもありがとうございました。
 これから読者になってくださるかもしれない皆様、どうぞよろしくお願いいたします。




yamanobe-taro.jp