山野辺太郎のウェブサイト




info

小説などに関するお知らせブログ。

地球の裏側まで穴を掘れ 荒唐無稽な物語に興奮

投稿日:

 女優の美村里江さんの書評・インタビュー記事で、『いつか深い穴に落ちるまで』が取り上げられました。下記の雑誌に掲載されています。

  • 『週刊エコノミスト』2019年4月9日号(4月1日発売)の書評「読書日記」
  • 『Takashimaya Salon』2019年5月号(Vol.146)のインタビュー記事

 地球の裏側まで穴を掘れ 荒唐無稽な物語に興奮 (週刊エコノミスト・書評)
 (ウェブ上では、サイトの会員向けコンテンツとして掲載されています。3月29日配信)
 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190409/se1/00m/020/012000c

 時代を超えて残したい本 「本」は知らないものに出会う入り口 (Takashimaya Salon・インタビュー記事)
 (高島屋カードの会報誌に掲載)

『本の雑誌増刊 本屋大賞2019』など

投稿日:

 本屋大賞2019に関するムック『本の雑誌増刊 本屋大賞2019』(本の雑誌社、2019年4月9日発行)にて、『いつか深い穴に落ちるまで』が取り上げられました。「1次投票結果 書店員推薦の声」のコーナーに、ご投票いただいたかたのコメントが掲載されています(p.85)。

 また、丸善ラゾーナ川崎店発行のフリーペーパー『本屋のすすめ』(第60号、通巻102号)にて、『いつか深い穴に落ちるまで』が取り上げられました。(見出し「現代日本を映し出す法螺話」)

柔軟な発想に触れる 当たり前をぶち破る

投稿日:

 『日経ビジネス』(3月4日発行、第1981号)の「BOOK 注目の本、話題の本」のコーナー(評者・武田砂鉄さん)で、『いつか深い穴に落ちるまで』が取り上げられました。
 『段ボールはたからもの』をメインに、併せて読みたい2冊の本のうちの1冊として紹介されています。

 柔軟な発想に触れる 当たり前をぶち破る (日経ビジネス・書評)
 (ウェブ上では、サイトの会員向けコンテンツとして掲載されています。一部を引用にてご紹介します)
 https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/culture/00008/

 トリッキーな設定だが、読み進めるうちに、著者の想像力と溶解するかのように、その「穴」の存在を信じ始めてしまう。
 段ボール、発泡スチロール、穴……日常を打破する思考やアイテムは目の前にある。極端な柔軟さって大事だ。

伸縮するズレの振幅

投稿日:

 『毎日新聞』(2月27日付夕刊)文芸時評欄の「2月 私のおすすめ」(評者・大澤聡さん)で、『いつか深い穴に落ちるまで』が取り上げられました。

 伸縮するズレの振幅 (毎日新聞・文芸時評)
 (ウェブ上では、サイトの会員向けコンテンツとして掲載されています。一部を引用にてご紹介します)
 https://mainichi.jp/articles/20190227/dde/014/070/006000c

 作品それ自体が偽史一点(=「穴」)を深く深く掘り進んでゆくことで結末まで駆けぬける見立てになっている。

映画・演劇等の鑑賞記録を再公開

投稿日:

 しまい込んでいた旧blogの記事から、映画・演劇等の鑑賞記録を再公開します。
 2007年から2017年にかけての40本。取り上げた映画・演劇はいずれも劇場で観たもので、記録がてら簡単なレビューを書いていました。

 ↓blog〈鑑賞記録〉全篇はこちら
 http://yamanobe-taro.jp/blog/

 目次(日付の新しい順)

先月から今月前半にかけての『いつか深い穴に落ちるまで』評

投稿日:

 先月から今月前半にかけて、すでにご紹介した『朝日新聞』書評(評者・野矢茂樹さん)のほか、下記の雑誌・新聞で『いつか深い穴に落ちるまで』が取り上げられました。

  • 『書標(ほんのしるべ)』2019年1月号の「今月のおすすめ」(丸善ジュンク堂のPR誌)
  • 『図書新聞』2019年1月19日号(1月12日発売)の文芸時評(評者・岡和田晃さん)
  • 『週刊文春』2019年2月14日号(2月7日発売)の「私の読書日記」(評者・池澤夏樹さん)

 今月のおすすめ 文学・文芸(『書標』21ページ〔PDF上は23ページ目〕)
 https://honto.jp/library/store/news/17387/syohyo201901.pdf

『群像』2月号に随筆「北條君と過ごしたインド」掲載

投稿日:

 『群像』2019年2月号〔1月7日発売〕に随筆「北條君と過ごしたインド」を寄稿しました。
 冒頭を引用にてご紹介します。

 当面の命をつなぐためにインドへと旅立ったのは、ずいぶんとでたらめな行動だったようだけれど、いまもこうして生き延びているのだから、あながち悪い決断ではなかったに違いない。

 続きは雑誌にてお読みください。

 群像 2019年2月号 “もくじ”(講談社)
 http://gunzo.kodansha.co.jp/52563/52618.html

先月・今月の『いつか深い穴に落ちるまで』文芸季評ほか

投稿日:

 下記の雑誌にて、『いつか深い穴に落ちるまで』の文芸季評が掲載されました。

  • 『小説トリッパー』2018年冬号〔12月18日発売〕(評者・中村真理子さん)
  • 『文藝』2019年春号〔1月7日発売〕(評者・山本貴光さん)

 2誌とも季刊誌のため、発売から3ヶ月間は最新号です。

   * * *

 以前、『朝日新聞』(評者・磯﨑憲一郎さん)、『週刊新潮』(評者・栗原裕一郎さん)の文芸時評については当サイトでご紹介しましたが、ほかにも下記の新聞・雑誌の文芸時評で取り上げられました。

  • 『産経新聞』2018年10月28日付朝刊(評者・石原千秋さん)
  • 『東京新聞/中日新聞』2018年10月31日付夕刊(評者・佐々木敦さん)——『北海道新聞』『西日本新聞』にも別の日に掲載。
  • 『週刊読書人』2018年11月2日付(評者・坂口周さん)
  • 『文學界』2018年12月号「新人小説月評」(評者・日比嘉高さん、倉本さおりさん)

『ダ・ヴィンチ』2月号に『いつか深い穴に落ちるまで』著者インタビューが載りました

投稿日:

  

 『ダ・ヴィンチ』2019年2月号〔1月5日発売〕の「今月のBOOKMARK」というコーナーに、『いつか深い穴に落ちるまで』の著者インタビューが掲載されました。
 発言の一部を引用にてご紹介します。

「人間の営みは虚しいものではないかという虚無感が、心のどこかにあって。私たちは仕事をしながら生きていますが、最後には死んで無になり、長いスパンで考えれば自分の仕事も無に帰ります。それを穴や穴掘り事業として表現することで、いつかは虚無に沈むかもしれないけれど、今を精一杯生きようとする人間を描けるのではないかと思いました」

 詳しくは雑誌にて、お読みいただけますと幸いです。

 『ダ・ヴィンチ』2019年2月号【目次】(KADOKAWA)
 https://ddnavi.com/news/511069/a/




yamanobe-taro.jp