山野辺太郎のウェブサイト




info

小説などに関するお知らせブログ。

東北の新聞での『いつか深い穴に落ちるまで』報道記事

投稿日:

 福島県郡山市で生まれ、宮城県仙台市で育った山野辺です。
 これまで、福島の『福島民報』『福島民友』、宮城・東北の『河北新報(かほくしんぽう)』にて、地元から出た書き手ということで記事が掲載されています。
 ネットでの記事配信はされていないようですが、見出しと、自身の発言箇所の引用にてご紹介いたします。

 文芸賞に山野辺さん(郡山生まれ)(『福島民報』2018年8月31日付朝刊)

 「(受賞作は)社会の違った見方を表現できればという思いで書いた。十代後半から小説を書き続けてきた。作品が認められて本当にうれしい」と喜んだ。

 山野辺さん(郡山生まれ)文芸賞 河出書房新社「身が引き締まる」(『福島民友』2018年8月31日付朝刊)

 「作品が広く読んでいただける機会をいただき、身の引き締まる思い」と喜びを語り、受賞作については「奇抜な設定を一つ考えることで自分の気持ちを奮い立てて書いた」と話した。

 文芸賞 東北出身2氏/山野辺さん ほら話で個人と組織問う 未経験でも戦争語り継ぐ(『河北新報』2018年11月8日付朝刊)

 「科学でできないことでも小説なら成り立たせることができる」(中略)
 「記憶の継承もテーマ。体験者や専門家じゃないから自分には戦争を語る資格がないと黙ったままでは、風化を傍観することになる」。こうした問題意識を携え「さまざまな継承の形があっていい。いろんな人に届く方法として小説を考えました」と話す。(中略)
 作中では東日本大震災にも正面から向き合う。「東北で生まれ育った者として避けては通れない」と、無念さや怒りを登場人物に仮託した。(中略)
 「組織に適応するだけでは見失ってしまうものがある。それが小説を書く動機の一つ」(中略)
 贈呈式でこう抱負を述べた。「日々戸惑いながら歩いてきた。『フラフラしながらでも生きていけるぞ』と励ましてくれるのが文学。今後も書き続ける中で、どこかでフラフラしている誰かに向けて、少しでも励みになるものを届けたい」

 〈ほっとタイム〉文学志す後輩励ます 同級生のデビュー本、母校へ(『河北新報』2018年12月4日付朝刊)

 デビュー本への友情の後押しを「仙台は自分を育ててくれた土地。応援は心強い」と感謝している。

 (中学・高校時代の友人が『いつか深い穴に落ちるまで』のサイン本を母校に寄贈してくれたことが記事になりました)

『いつか深い穴に落ちるまで』発売1ヶ月

投稿日:

 初めての単行本『いつか深い穴に落ちるまで』の発売開始から1ヶ月が経ちました。

 手に取ってお読みいただいた読者の皆様、まことにありがとうございます。
 新聞・雑誌やネット上などで、さまざまなかたに拙作を論じたり紹介したりしていただいており、感謝しております。
 書店から本を送り出してくださっている皆様にも、厚く御礼申し上げます。

 書き手として息長く活動を続けていけるよう、小説の執筆に鋭意励んでまいります。
 来月には、雑誌にエッセイとインタビュー記事が載る予定です。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 ↓宮崎県の本屋さんの店頭です(明林堂書店 南宮崎店さんのツイート)
 https://twitter.com/meirindo_minami/status/1065570883991818240

 ↓こちらは仙台の本屋さん(紀伊國屋書店仙台店さんのツイート)
 https://twitter.com/Kino_Sendai/status/1066263442112167937

「近頃、小説を読まなくなった」という大切なあなたに贈りたい本

投稿日:

 ウェブサイト「hontoブックツリー」にて、「大切な人に贈る本」という企画があり、5冊の本の紹介文を寄稿しました。
 取り上げた本は、『電車道』(磯﨑憲一郎著)、『すみれ』(青山七恵著)、『夜明けの縁をさ迷う人々』(小川洋子著)、『消滅世界』(村田沙耶香著)、『燃焼のための習作』(堀江敏幸著)です。
 下記のページに掲載されていますので、ご覧いただけますと幸いです。

 「近頃、小説を読まなくなった」という大切なあなたに贈りたい本
 https://honto.jp/booktree/detail_00007817.html

 2018年12月6日(木)〜2019年1月9日(水)の期間中には、下記の店舗にて、この企画のフェアが開催されています。
 店舗にお立ち寄りの際には、ご覧になってみてください。

 対象店舗: 丸善丸の内本店、丸善日本橋店、丸善博多店、ジュンク堂池袋本店、ジュンク堂立川高島屋店、ジュンク堂名古屋店、M&J梅田店、ジュンク堂大阪本店、ジュンク堂福岡店、ジュンク堂南船橋店(以上、10店舗)

 ↓店内の様子はこちら(hontoブックツリーさんのツイート)
 https://twitter.com/honto_booktree/status/1070601919549210624

今月の文芸誌 イチオシは「文藝」の“子供じみたアイディア”

投稿日:

 『週刊新潮』(11月22日号)の文芸時評(評者・栗原裕一郎さん)のなかで、「いつか深い穴に落ちるまで」が取り上げられ、ウェブサイト「Book Bang」に転載されました。

 今月の文芸誌 イチオシは「文藝」の“子供じみたアイディア”(週刊新潮・文芸時評)
 https://www.bookbang.jp/review/article/560918

『いつか深い穴に落ちるまで』単行本ができました

投稿日:

 『いつか深い穴に落ちるまで』の単行本ができあがり、見本を受け取りました。
 表紙の挿画はサヌキナオヤさん、装丁は川名潤さん。
 11月16日ごろ発売、定価1,300円(税別)です。
 どうぞよろしくお願いします。

文章の質感 過去への視線に時間の厚み

投稿日:

 『朝日新聞』(10月31日付朝刊)の文芸時評(評者・磯﨑憲一郎さん)のなかで、「いつか深い穴に落ちるまで」が取り上げられ、ウェブサイト「好書好日」に転載されました。
 同じページ上に、横尾忠則さんの絵画「良寛と進駐軍のいる風景」も掲載されています。

 文章の質感 過去への視線に時間の厚み(朝日新聞・文芸時評)
 https://book.asahi.com/article/11917537

第55回文藝賞贈賞式 日上氏と山野辺氏の二作に

投稿日:

 10月17日の山の上ホテルでの文藝賞贈賞式(贈呈式)の様子が、『週刊読書人』(10月26日版)で報じられ、ウェブ版にも掲載されました。
 選考委員のかたがたと受賞者のスピーチが載っています。

 第55回文藝賞贈賞式 日上氏と山野辺氏の二作に(週刊読書人)
 https://dokushojin.com/article.html?i=4470

百年前の作家から励まされる仕事 磯﨑憲一郎×山野辺太郎

投稿日:

 『文藝』2018年冬号(河出書房新社)に掲載の対談が、ウェブサイト「Book Bang」に転載されました。
 受賞作『いつか深い穴に落ちるまで』の単行本は、11月16日ごろ発売予定です。

 【文藝賞受賞記念対談】百年前の作家から励まされる仕事 磯﨑憲一郎×山野辺太郎
 https://www.bookbang.jp/review/article/559569

文藝賞贈呈式

投稿日:

 本日、山の上ホテルにて、第55回文藝賞の贈呈式(授賞式)がありました。

 同時受賞の日上秀之さん、選考委員の磯﨑憲一郎さん、斎藤美奈子さん、町田康さん、村田沙耶香さん、『文藝』にゆかりの書き手のかたがた、出版社のかたがた、新聞社のかたがた、書店のかたがたなど、たくさんのかたがたにお会いし、お話しさせていただくことができました。
 祝福の言葉をかけてくださった皆様に、この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。




yamanobe-taro.jp